MENU

【総合評価順】
医療脱毛クリニック3選

【総合4.5点】リゼクリニック
おすすめ度
\ 総合評価4.5点/

低価格+メニュー最多で総合力No.1!
5回料金
全身+VIO:70,400円
全身+VIO+顔:129,800円
詳細記事
>>口コミ評判をみる
※価格は全て税込価格です
【総合4点】フレイアクリニック
おすすめ度
\ 総合評価4点/

シンプルな料金で初心者におすすめ!
5回料金
全身+VIO:99,600円
全身+VIO+顔:142,000円
詳細記事
>>口コミ評判をみる
※価格は全て税込価格です
【総合4点】エミナルクリニック
おすすめ度
\ 総合評価4点/

業界大手&全身脱毛コスパ◎!
5回料金
全身+VIO:68,200円
全身+VIO+顔:129,800円
詳細記事
>>口コミ評判を見る
※価格は全て税込価格です

\下記ボタンから詳細記事へ/

【エリア別】
医療脱毛おすすめクリニック

東京

銀座

吉祥寺

関東

横浜

茨城

群馬

近畿

九州・沖縄

宮崎

大分

鹿児島

中部

浜松

新潟

福井

富山

中国・四国

広島

岡山

松山

北海道・東北

秋田

盛岡

【肌悩み別】美容液おすすめランキング30選!美白から敏感肌用まで紹介

スキンケアに使用する美容液は、お肌を健やかに保つために重要なアイテムです。

美容液を使ってみたいと思っても、種類が多いのでどれを選んだらよいのかわからない方や、おすすめのメーカーが知りたい方も多いでしょう。

自身のお肌の悩みや、どうなりたいか目的に合わせて選ぶと、美容液が効果的にはたらくので理想のお肌に近づけます。

そこで、この記事では肌悩み別のおすすめ美容液をランキングにして紹介しています

毛穴やニキビケアなど、それぞれの肌トラブルに効果的な美容液をまとめているため、自身に最適なアイテムを見つけましょう。

目次

美容液の選び方

美容液を選ぶときは、どのような肌悩みを改善したいのか、目的にあわせて選ぶことが大切です。

肌トラブルに対して効果がある美容液を選ばないと、悩みが改善できない可能性があります。

また、毎日使うものなので、自身が気持ちいいと感じるテクスチャーかどうか、香りや容器の形状が自身の好みかどうかも、美容液を選ぶときに重要な視点の一つです。

改善したい悩みから選ぶ

肌の悩みは人それぞれです。

美容液はそれぞれの悩みが改善できるように効果的な成分が配合されているので、自身の悩みに合ったものを選ぶことが大切です。

せっかく良い成分が配合されていても、肌悩みと合っていなければ効果的にはたらきません。

例えば、肌の水分や皮脂不足で乾燥肌になっているときに、皮脂の分泌を抑える毛穴対策用の美容液を使用すると、乾燥肌が改善するどころか肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。

自身の肌悩みに合った美容液を選ぶと、成分が効果的にはたらくので悩みも改善されるでしょう。

テクスチャーから選ぶ

美容液のテクスチャーは、化粧水のようにさらさらしたものからクリーム状のものまでさまざまです。

毎日使うものなので、自身が気持ちいいと感じるのものを選びましょう。

自身の肌悩みに合った美容液でも、べたつきが気になってしまったり不快感があると長く使用することは難しいです。

さまざまなテクスチャーの中から、毎日使いたいと思える使い心地や質感の物を選びましょう。

自身の好みから選ぶ

美容液は商品により香りや使い方が異なるため、好みのものを選びましょう。

いくら成分がよくても、苦手な香りだと心地よく使えなくなってしまいます。

美容液の香りは、甘いフローラルやスッキリした柑橘系、無香料などさまざまなタイプがあります。

感じ方には個人差がありますが、口コミやレビューを参考にするとイメージがつきやすいでしょう。

また、容器が使いやすいかどうかのチェックも必要です。

美容液にはスポイトタイプやポンプ式などの容器があり、使い方が異なります。

倒れにくさや重さなども、扱いやすさに関わるため確認しましょう。

【目的別】美容液の種類と効果

シミやそばかすケア|美白美容液

シミやそばかすの改善には、美白成分が配合された美容液を選びましょう。

シミやそばかすの原因は、メラニン色素が過剰に生成されることなので、メラニンを抑制する美白有効成分が効果的です。

美白美容液とは、厚生労働省により、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐことが認められた成分が一定量以上含まれているものをいいます。

細胞が生まれ変わるターンオーバーを積極的に促すため、メラニン色素を体外へ排出する働きも期待できるでしょう。

とくに、紫外線は肌の大敵です。

シミやそばかすの原因になるため、美白美容液でのケアが大切です。

毛穴の汚れや開き改善|毛穴美容液

毛穴が気になる方は、毛穴ケアができる美容液がおすすめです。

毛穴には下記のようなタイプがあり、どれに当てはまるかで効果的な成分が異なります。

  • 黒ずみ
  • 角栓
  • 開き毛穴
  • たるみ毛穴
  • メラニン毛穴

黒ずみや角栓、開き毛穴の主な原因は皮脂や乾燥なので、皮脂の分泌を抑えたり保湿できたりするアイテムを使用すると効果が期待できます。

ビタミンC誘導体や、ヒアルロン酸が含まれている美容液を選びましょう。

たるみ毛穴は肌のハリ不足が考えられるので、弾力アップが見込めるコラーゲンやレチノールが含まれている美容液が効果的です。

メラニン毛穴は、ターンオーバーが促進できる美白美容液を選ぶと改善が期待できるでしょう。

にきびやニキビ跡改善|ニキビケア美容液

ニキビを繰り返す肌は慢性的に炎症を起こしている状態です。

肌荒れ予防や抗酸化作用が期待できる成分を含む美容液を選びましょう

効果的な成分は下記のとおりです。

  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸
  • イソプロピルメチルフェノール

そのほか、肌のうるおいを保てる保湿成分が含まれているかのチェックも必要です。

肌が乾燥するとバリア機能が低下してニキビができる可能性があります。

ニキビがある肌は刺激を感じやすくデリケートのため、低刺激なものやアルコールフリーの美容液がおすすめです。

ハリや小じわケア|エイジングケア美容液

加齢に伴いハリやツヤ不足、小じわなどの悩みはどうしても増えていきます。

そのため、エイジングケアができる美容液で適切にアプローチする必要があります。

効果が期待できる主な成分は下記のとおりです。

  • ビタミンA誘導体
  • 機能性ペプチド
  • レチノール

ビタミンA誘導体と機能性ペプチドは、ハリやツヤ不足の改善が見込めます。

あわせて、深く刻まれたシワ対策に有効な成分がレチノールです。

レチノールはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促進しコラーゲンを増やす働きがあります。

皮膚全体が弾力を失うことで現れる加齢ジワは、保湿ケアのみでは足りません。

表皮と真皮に働きかけるレチノールが含まれる美容液がおすすめです。

乾燥対策|保湿美容液

肌の水分や皮脂不足で引き起こる肌の乾燥には、保湿成分のある美容液がおすすめです。

とくに、高保湿の美容液には下記のような成分が含まれています。

  • セラミド
  • アミノ酸
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • グリセリン
  • エラスチン

近年注目されているセラミドは肌のうるおいを閉じ込め、肌のバリア機能を高められるため、乾燥予防に効果的です。

よく知られている成分のヒアルロン酸とコラーゲンは年齢とともに減少します

肌の弾力やハリ不足、シミやシワの原因にもなるため保湿美容液の活用がおすすめです。

そのほか、肌のうるおいの元になるアミノ酸や多くのスキンケア用品にも含まれているグリセリン、エラスチンも肌を乾燥から守ります。

敏感肌|低刺激美容液

敏感肌に悩む方は低刺激の美容液を選びましょう。

肌を守る力が低下している状態のため、紫外線やほこりなどに対して敏感に刺激を感じてしまいます。

敏感肌の方は、バリア機能を高めるセラミドが含まれる美容液がおすすめです。

ヒアルロン酸やアミノ酸も同じような働きがあるため、ぜひチェックしてみてください。

もし、どの敏感肌用の美容液を選べばよいのかわからないなら、パッチテストやアレルギーテスト済みの表記を確認してみましょう。

皮膚の刺激性やアレルギー性の試験がおこなわれた証拠であり、判断基準にできます。

無香料や無着色、低刺激の表示も肌に負担がかかりにくいことがわかるため、おすすめです。

美容液のテクスチャー

テクスチャーとは、化粧品の使い心地や質感のことをいいます。

保湿美容液もとろとろしたものや、サラサラのものまでさまざまです。

使用したときに気持ちのよい美容液を選ぶと、毎日続けやすいでしょう。

化粧水タイプ 

ベタつきが苦手な方におすすめのテクスチャーは化粧水タイプです。

サラサラとしているため、肌馴染みがよいところが特徴的です。

とくに、保湿力の高い美容液はとろとろとしていることが多く、肌にのせた直後のベタベタが気になる方がいるかもしれません

軽いつけ心地を好む方には、化粧水タイプがおすすめです。

ミルクタイプ

ミルクタイプの美容液は伸びがよく、しっとりした使用感です。

化粧水タイプとは異なり、乳液のような肌に吸い付くものが多いでしょう

十分な保湿を感じたい方におすすめです。

クリームタイプ

やわらかさが特徴的なクリームタイプはミルクと同じく、保湿感があります。

美容液によれば油分を多く含むものもあるため、乾燥肌や敏感肌におすすめです。

ただし、化粧水タイプと比べると肌にのせたときにベタつきを感じる方がいるかもしれません。

クリームタイプにも、軽めのものから重めのものまであるので、自身の好みに合わせたテクスチャーを選ぶとよいでしょう。

ジェルタイプ

ミルクタイプとクリームタイプ同様、なめらかで伸びのよさが特徴的です。

あわせて、ジェルタイプにはみずみずしさがあります。

ジェル自体がうるおいを抱え込むため、肌にうるおいを与えたい方におすすめです。

化粧水のようなサラッとしたところにも保湿感があり、軽く肌にのせられます。

オイルタイプ

オイルタイプは油分を多く含み、乾燥肌に悩む方におすすめです。

肌にのせた直後は独特なつっぱった感覚が残ることが多く、苦手な方もいるかもしれません

しかし、ベタベタした使用感はなく、ゆっくり浸透してうるおいを閉じ込めます。

オイルによるツヤを得たい方にもおすすめです。

【美白】美容液の人気おすすめランキング5選

シミやそばかすに悩む方へおすすめの美白美容液を紹介します。

1位:資生堂 HAKU メラノフォーカスEV

美白美容液市場、18年連続で売上No.1を誇る人気の美白美容液です。

人気の理由は、美白と保湿ケアを同時に叶えられる点にあります。

独自処方した2種の美白有効成分4MSKとm-トラネキサム酸が配合されており、シミの原因となる根本まで深く浸透し、メラニンの生成を抑えることに効果的です。

保湿成分としては濃グリセリンやエモリエント効果が期待できるオイル成分が配合されています。

メラニンの生成を抑えるのでシミやそばかすができるのを防ぎ、保湿成分が肌環境を整えて透明感のある肌へと改善できます。

美白と保湿ケアを同時におこないたい方や、肌の透明感が欲しい方におすすめです。

HAKUには化粧水や乳液のラインナップがあるので、同じブランドで徹底的に美白ケアをおこないたい方は、ぜひチェックしてみてください。

2位:メラノCC 薬用しみ集中対策プレミアム美容液  医薬部外品

ドラッグストアでも手軽に購入できるメラノCC 薬用しみ集中対策プレミアム美容液は、若者世代からも人気です。

有効成分であるピュアビタミンCとビタミンB6、うるおい成分のある3種のビタミンが配合してあり、美肌が目指せるでしょう。

ピュアビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニンの抑制に効果的です。

水溶性のピュアビタミンCは肌になじみにくく、浸透が難しい成分ですが、ロート製薬は研究を日々続けて、肌の奥深くまで届けることに成功しました。

テクスチャーはオイルに近いですが、サラっとしているためベタつきは気になりません。

香りは柑橘系で強くないため、甘い香りが苦手な方でも安心して使用できます。

3位:オルビス ホワイトクリアエッセンス

ターンオーバーの促進効果があるオルビスの美白美容液です。

特徴は、美白有効成分m-ピクセノールが含まれているところで、肌の奥に居座るメラニンを微細化し塊にしないことで、未来のシミ予防ができます。

もちろん、ターンオーバーを促進してメラニンを上手く排出するため、美白ケアにぴったりです。

ほかにもこだわりの成分が配合されており、くすみのない肌へと導くベニバナエキスやシラカバエキス、うるおいを与える保湿成分も含まれています。

美白ケアしながら、肌のバリア機能まで高めてくれる魅力的な美容液です。

テクスチャーはしっとりしたミルクタイプですが、質感はサラッとしており朝のスキンケアにもおすすめです。

4位:キールズ DS クリアリーブライト エッセンス

シミやそばかすを防ぐほか、角質ケアまでできる美容液としてキールズで人気を誇っています。

肌のトーンと質感をケアし、透明感のある肌へ改善できます。

トーンのケアでは有効成分アクティブビタミンCが働き、乾燥によるくすみに効果的です。

また、サリチル酸とプロキシレンの配合によりキメが整った肌になれるでしょう。

シミやそばかすが気になる方はもちろん、乾燥や小じわといった肌トラブルに対してもおすすめの美容液です。

テクスチャーはみずみずしい中にも、ほどよくとろみがあり肌によく伸びて浸透します。

肌にのせると、天然のラベンダーオイルの香りがフワッと香るでしょう。

5位:ファンケル ホワイトニング エッセンス

ファンケルのホワイトニングエッセンスは、2023年2月よりリニューアルされ「ブライトニングエッセンス」として新たに販売されています。

美白有効成分のアクティブビタミンCαと、肌荒れ予防のグリチルリチン酸ジカリウムをダブル配合しています。

そこへ新たに海洋性プランクトンのアルテミア由来の成分で、過酷な塩湖でも生息できるブライトコントローラーが配合されました。

紫外線でダメージを受けたことにより生成されるメラニンが、肌表面へ排出しない効果が期待できます。

さらに、紅茶葉から独自の方法で抽出した成分ブライトポリフェノールで肌を整えます。

サラサラした使い心地のため、夏の暑いときでもベタつきません。

【毛穴ケア】美容液の人気おすすめランキング5選

ここからは、毛穴トラブルに悩む方へおすすめの美容液を紹介します。

開き毛穴や黒ずみなど、気になる毛穴タイにより効果的な美容液が異なるため、ぜひ参考にしてみてください。

1位:TAKAMI(タカミ) スキンピール

角質美容水として人気があるタカミスキンピールは、SNSでも注目を集めている美容液です。

肌の角質層までアプローチし、毛穴トラブルに効果を発揮します。

タカミスキンピールは下記7種類の植物由来成分を配合しています。

  • サンザシエキス
  • ナツメ果実エキス
  • グレープフルーツ果実エキス
  • リンゴ果実エキス
  • オレンジ果汁
  • ライム果汁
  • レモン果汁

肌を整え、効果的に角質ケアをおこなう成分です。

テクスチャーはまるで水のようにサラサラで、ベタつきが気になる方でも安心して使用できます

手持ちのスキンケアにプラスして使用できるため、普段のスキンケアにも取り入れやすいでしょう。

2位:NILE パーフェクトセラム

最新医療から生まれた高純度ヒト幹細胞培養液を配合した美容液が、NILEのパーフェクトセラムです。

ヒト幹細胞培養液は、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質の増加が期待でき、肌にハリをもたらします。

肌が活性化するため毛穴トラブルにも効果的です。

NILEのパーフェクトセラムはビタミンC誘導体と下記4種の成分で毛穴にアプローチします。

  • フラーレン
  • アスタキサンチン
  • ノイバラ果実エキス
  • 酢酸トコフェロール

肌の引き締め成分により、毛穴レスを目指せるでしょう。

テクスチャーは少し重め、十分な保湿を実感できるため乾燥が気になる方におすすめです。

3位:unlabel LAB(アンレーベルラボ) ビタミンC エッセンス

ビタミンC誘導体を水深1万メートルの圧力に相当する超高圧(100MPa)で処理し、浸透力を高めた美容液です。

ビタミンC誘導体は皮脂を抑制する効果があります。

テカリや毛穴の詰まりを改善できるため、黒ずんだ毛穴を目立ちにくくできるでしょう。

さらに、抗酸化作用が働くことで毛穴の引き締めや、肌のハリにも効果的です。

さらさらした使用感で香りは無香料です。

パラベンやシリコン、アルコールフリーのため敏感肌の方でも安心して使用できます。

4位:KISO CARE VC30

ビタミンC誘導体を30%配合したKISOの人気の美容液です。

VC30に配合されている新型のビタミンC誘導体は、ビタミンCの働きのみではなく、浸透力や持続力にも優れています

配合されているオーガニック認証エキスは下記7種類です。

  • カンゾウ根エキス
  • オウゴン根エキス
  • ツボクサエキス
  • ローズマリー葉エキス
  • カミツレ葉エキス
  • チャ葉エキス
  • イタドリ根エキス

低刺激でありながら保湿力が高く、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できます。

普段の化粧水やクリームに混ぜて使用できるほど、さらさらとしたテクスチャーです。

パラベンやシリコン、石油系界面活性剤など8つが無添加のため、添加物が気になる方にもぴったりでしょう。

5位:ALLNA ORGANIC(オルナオーガニック)ビタミンCセラム

シリーズ累計230万個突破した話題の美容液です。

オルナオーガニック美容液に含まれる新型のビタミンC誘導体、APPSは真皮まで成分を行き届けることができるため、肌の奥まで浸透でき、シワや色素沈着の予防、毛穴ケアなどに効果的です。

さらに、セラミドとコラーゲンを3種、ヒアルロン酸を4種配合しているため、十分な保湿ができます。

テクスチャーは肌馴染みのよいジェルタイプです。

優しい植物アロマの香りで使用しやすいでしょう。

オルナオーガニック美容液は安心の国内製造で、優れた製品に与えられる品質マネジメントシステムの国際規格IS09001を取得しており、こだわりぬかれた美容液といえるでしょう。

【ニキビケア】美容液の人気おすすめランキング5選

ニキビは思春期にできるほか、大人になると吹き出物として肌に現れます。

放置したり間違ったケアをしたりするとニキビ跡になる可能性もあるため、効果的な成分が含まれた美容液を選びましょう。

1位:ドクターシーラボ 薬用アクネレス クールセラム

メイクの上からでも使用できる美容液です。

薬用成分のグリチルリチン酸2Kとサリチル酸、ダブルの有効成分がニキビの原因にアプローチします。

あわせて、7種の和漢植物エキスが肌荒れを予防しするため、肌トラブルが起こりにくい効果が期待できます。

ニキビの原因は皮脂の分泌が盛んになることが原因です。

薬用アクネレス クールセラムは、水分と油分のバランスを整える成分を配合しています。

角栓ケアや肌の土台が崩れることを防げるため、ニキビのない健やかな肌へと導くでしょう

テクスチャーはしっとりしたゲルタイプです。

ユーカリの香りで肌にのせると爽やかさを感じられるので、夏にもおすすめです。

2位:薬用 ニキビケア 美容液 医薬部外品

肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kと、肌にうるおいを与える水溶性プラセンタエキス、2つの有効成分がニキビを予防します。

そのほか、カンゾウ派エキスやテンニンカ果実エキスなど、天然植物エキスがうるおいを与えて肌を整えるでしょう。

敏感肌でも使いやすいエタノール無配合、11種が無添加のためデリケートな肌にも安心して使用できます。

とろとろとしたテクスチャーで乾燥肌の方にもおすすめの使い心地です。

若干のベタつきがありますが、その分しっとりした肌を実感できるでしょう。

3位:総健美舎 薬用アクレケア 

洗顔後、ニキビが気になる部分につける簡単ケアが特徴的な美容液です。

ヒアルロン酸の10倍高い保湿力をもつ月下香エキスの力が、クレーター状のニキビ跡にアプローチします。

さらに、ビタミンCの含有量世界一を誇る天然美白成分のカムカムエキスが、明るく透明感のある肌へと導くでしょう。

赤ちゃん肌をつくる働きがある、卵の内側にある卵殻膜は肌の生まれ変わりをサポートします。

ニキビ予防しながら美白ケアをおこない、肌トラブルを引き起こす乾燥から肌を守る、嬉しい成分が豊富に含まれた美容液です

テクスチャーはさらさらとし、においはありません。

ベタつかないため暑いときにも使用しやすい美容液といえます。

4位:NOV(ノブ) A アクネジェル

NOVのAアクネジェルは、ニキビを繰り返す肌にうるおいを与えて肌環境を整えます。

ニキビの原因菌であるアクネ菌の栄養源になりにくい原料で作られていて、ニキビ肌に優しい美容液です。

十分に保湿しながらも肌を清潔に保つため、ニキビの発症を防ぎます。

ニキビ肌はデリケートな状態なので、刺激の強い美容液だと肌が痛くなったり、炎症が悪化したりする可能性があります。

NOVのAアクネジェルなら、下記のような特徴があるため敏感肌でも安心です。

  • オイルフリー
  • 無香料
  • 無着色
  • 低刺激性
  • パッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み

ベタつかないジェルタイプで肌に素早く馴染んでいきます。

無香料のため、香りが気になる方でも使いやすいでしょう。

5位:無印良品 クリアケア薬用アクネ美容液

無印良品のなかで、ニキビケアにおすすめなのがクリアケア薬用アクネ美容液です。

岩手県釜石の天然水を使用しており、肌あれやニキビ、毛穴トラブルのある肌を整えます。

甘草から抽出した植物由来の天然成分のグリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があります

アクネ菌の増殖を防ぎ、炎症を起こしている肌を鎮めることに効果的です。

また、下記の特徴から肌が敏感な方にもおすすめです。

  • 合成香料無添加
  • 無着色
  • 無鉱物油
  • 弱酸性
  • アルコールフリー
  • パラベンフリー

水っぽいジェル状タイプで、さっぱりした柑橘系のやさしい香りです。

無印良品には美容液以外にも、同じシリーズでさまざまなアイテムがあるため、ライン使いするのもよいでしょう。

【エイジングケア】美容液の人気おすすめランキング5選

エイジングケアにおすすめの美容液を紹介します。

エイジングケアは年齢に応じたケアのことです。

老化防止や若返りよりも、今の肌の状態に合ったお手入れを意味します。

肌悩みに応じて、いつものスキンケアにプラスするイメージでおこなうとよいでしょう。

1位:Obagi(オバジ) C25セラム ネオ

オバジのC25セラムネオは、最高濃度のピュアビタミンC配合にこだわった美容液です。

毛穴やくすみはもちろん、年齢とともに気になる乾燥小じわにもアプローチします。

さらに、アドバンスドCコントロールで肌表面から角層まで十分浸透する高浸透力も魅力の一つです。

また、ロート製薬オリジナル成分のパワークローを配合しており、ビタミンCの働きを引き出しながら、肌にハリを与えてうるおいを保つ効果が期待できます。

濃密感あふれるテクスチャーでしっとりとしたつけ心地です。

エイジングケアに効果的な精油からたどり着いた、爽やかなグレープフルーツの香りも人気があります。

2位:ReBion(リビオン) ビューティーファンクション

エイジングケアに有効なヒト幹細胞美容液を配合した、次世代スキンケアとして注目されている美容液です。

リビオンのビューティーファンクションは、若々しい肌へと導く効果があるヒト幹細胞の中でも、高品質なエクソソームを厳選しました。

先端医療から派生した美容成分で、肌本来のターンオーバーを妨げず健やかな肌を維持できるでしょう。

さらに、独自配合された5種のヒアルロン酸がうるおいを与えて乾燥を防ぎます。

パラベンやアルコール、合成着色料や香料など7種が無添加で敏感肌でも安心です。

少しとろみのあるテクスチャーですが、みずみずしく少量でもよく伸びて肌へ密着します。

無香料タイプのため、においに敏感な方でも安心です。

3位:アスタリフト ザ セラム リンクルリペア

ザ セラム リンクルリペアは朝用と夜用の2種類ある美容液です。

朝は、日中に紫外線のダメージを受けるため、日焼けと乾燥から肌を守ります。

忙しい朝でも塗りやすい、スティックタイプです。

夜は、うるおい成分のナノアスタキサンチンや、オランダカラシエキスなど豊富な美容成分を配合し、シワ改善にアプローチします。

ナイアシンアミドも配合されており、美白ケアにも効果的です。

富士フイルム独自の浸透技術、リポソーム技術により成分を角質層まで浸透させます。

朝用美容液のテクスチャーはみずみずしさがあり、夜用美容液は重めのクリームで使い心地も濃厚です。

香りはほのかなフローラル系で、強すぎない香りが好印象です。

4位:MINON(ミノン) アミノモイスト エイジングケア 美容液

乾燥やハリ不足が気になったときに使用したい美容液が、ミノンのアミノモイスト エイジングケアです。

アミノ酸系オイルを最高濃度で配合し、角質層まで十分成分が行き届きます。

年齢を重ねると皮脂量の原因で、乾燥肌になり小じわが目立ちやすくなります

アミノモイスト エイジングケアなら水分と油分をバランスよく補給できるため、エイジングケアに最適です。

また、ミノンは肌への優しさにこだわり、敏感肌の方でも安心して使用できるスキンケア用品を提供しています。

成分もとてもシンプルな構造で余計なものはありません。

テクスチャーはややベタつきが感じられるオイルタイプで、保湿感が味わえます。

香りもなく、安心して使えます。

5位:NANOA(ナノア) SCセラム

最先端皮膚科学から生まれたエイジングケア美容液です。

下記のような有用成分を贅沢に配合しています。

  • ヒト幹細胞エキス
  • EGF
  • FGF
  • 3種のセラミド
  • ヒアルロン酸
  • ナノカプセル加工「活性型」馬プラセンタ
  • ビタミンD誘導体
  • プラセンタ

EGFとFGF2種類の成長因子を配合し、年齢によるくすみや気になる肌トーンにアプローチします。

そのほかセラミドやヒアルロン酸などの働きにより、十分に保湿できうるおった肌を保てるでしょう。

エイジングケアで注目されている、ヒト幹細胞エキスの力を最大限に発揮できるように配合されているため、肌細胞の活性化が期待できます。

とろみのあるテクスチャーで、少量で肌に馴染みやすいのも魅力です。

【保湿】美容液の人気おすすめランキング5選

保湿に優れた美容液のおすすめを紹介します。

肌の大敵である乾燥を防ぐためには保湿が必要不可欠です。

十分に保湿して、さまざまな肌トラブルの予防と改善をおこないましょう。

1位:コスメデコルテ リポソーム アドバンスト リペアセラム 

美肌カプセルが溶け込んでいく美容液、リポソーム アドバンスト リペアセラムです。

生体組成成分リン脂質からできた、リポソームと呼ばれる0.1〜0.4ミクロンのマイクロカプセルを配合しています。

超微細な美肌カプセルが1滴に1兆個含まれるので、ハリツヤのある肌へ改善できるでしょう。

長時間うるおいが持続し、乾燥や紫外線などの外的な刺激から肌を守ります。

肌の不調を未然に防ぐことにより、乾燥小じわや毛穴トラブルを改善し美肌になれるでしょう。

とろみのあるテクスチャーですが、肌に伸ばすと素早く馴染むためベタつきはありません。

浸透力の高さとクセのないフローラル系の香りが好印象です。

2位:ラロッシュポゼ トレリアン ウルトラ セラム

肌のバリア機能をサポートし、乾燥から肌を守る保湿美容液です。

トレリアン ウルトラ セラムは独自成分「モイストバリアコンプレックス」が、乾燥による肌荒れ予防に効果的です。

あわせて2種の保湿成分を配合し、肌にうるおいを与えます。

  • ベタイン
  • グリセリン

水分と馴染みがよいベタインと、保湿力の高いグリセリンでしっとりした感触を味わえるでしょう。

敏感肌の方でも安心して使用できるように、下記3つのテストを実施しています。

  • 皮膚科医の協力のもとテスト済み
  • アレルギーテスト済み
  • アジア人の肌でテスト済

とろみにあるテクスチャーでありながらも軽やかさが感じられるため、肌への伸びと馴染みがよく、うるおいが持続します。

3位:dプログラム インテンスエンリッチングセラム

2023年の上半期にて、敏感肌ケア部門賞1位を獲得した美容液です。

インテンスエンリッチングセラムは、誰の肌にも存在する皮膚の常在菌に着目しました。

一人一人異なる常在菌の種類や量を保有し、24時間365日肌で働いています

繰り返す肌トラブルへ一気にアプローチできるため、美肌を目指せるでしょう。

インテンスエンリッチングセラムの特徴は下記3つです。

  • 酵母エキスGL高濃度配合(うるおい)
  • 肌荒れを防ぐ2種の薬用有効成分(トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム)
  • 11項目の低刺激設計

うるおいを与えながらも薬用成分で肌荒れを防止できます。

少しとろみのあるテクスチャーで、伸びがよくて肌馴染みも抜群です。

4位:魔女工場 ガラクナイアシン2.0エッセンス

魔女工場が提供するガラクナイアシン2.0エッセンスは、天然酵母であるガラクトミセスを豊富に含んだ美容液です。

ガラクナイアシン2.0エッセンスには、ガラクトミセスを93.69%と高濃縮配合しています。

ビタミンやアミノ酸などの栄養を含んでいるため、肌のキメやトーンアップが期待できます。

そのほか、皮脂の調整効果が期待できるため、毛穴ケアにも効果的です。

さらに美白成分のナイアシンアミドを配合し、メラニンの生成を抑制します。

シミやそばかすの予防までできるため、透明感のある肌へと導けるでしょう。

テクスチャーはノンオイルでベタつきません。

肌にのせると素早く吸収され、化粧水前のブースターとしてもおすすめです。

5位:カネボウ ヴェイル オブ デイ

ひと塗りするのみで、朝から夕方まで嬉しい効果が続きます。

  • 朝:みずみずしいつけ心地
  • 昼:化粧崩れ予防
  • 夕:うるおいが長く持続

ヴェイル オブ デイは化粧下地としても使用でき、紫外線をカットしながらも、エアコンによる肌の乾燥予防に効果的です。

水相成分を肌に与える継続補水ラメラUVにより、夕方でもうるおいが持続します。

継続補水ラメラUVは、KANEBOの従来品よりも最大10倍の厚みをもつ水膜ヴェイルの形成に成功しました。

水膜ヴェイルの効果で持続的に肌へ水分が与えられるため、みずみずしさを長く保てます。

テクスチャーは軽くさらさらしています。

茶花のティートピアをアクセントにした香りは、強すぎず高貴な印象です。

【敏感肌】美容液の人気おすすめランキング5選

敏感肌の方へおすすめの美容液を紹介します。

肌がデリケートのため、成分によると肌荒れを起こしたりトラブルが悪化したりする恐れがあり危険です。

できるだけ肌に優しく、刺激の弱い美容液を使用しましょう。

1位:HABA スクワラン

HABAは、下記5種の無添加を貫いたアイテムを数多く取り揃えています。

  • 防腐剤パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • 合成香料
  • 鉱物油
  • タール系色素

HABAの原点であるスクワランは、肌のうるおいを守り健やかさを維持します。

皮脂にもともと含まれているスクワランを酸化しにくくし、安全性を高めています。

HABAのスクワランは純度99.9%と、何度も生成を繰り返して不純物を取り除きました。

角質層までスッと浸透するため、乾燥小じわが目立たなくなるのはもちろん、ニキビや吹き出物の心配もないでしょう。

オイルタイプのテクスチャーですが、さらさらしていてベタつきません

肌馴染みがよく、十分に浸透するところも魅力的です。

2位:ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

5種のセラミドをバランスよく高濃度で配合した美容液です。

  • セラミドEOP
  • NG
  • NP
  • AG
  • AP

セラミドは人の体内に存在し、肌のうるおいに欠かせません。

年齢を重ねると、セラミドが減少するため肌のうるおいがなくなりバリア機能まで低下する可能性があります。

そこで、ETVOSは人がもつセラミドと同じ構造の人型セラミドを配合しました。

肌馴染みのよいラメラ型と不足している部分に届けるカプセル型の両方を採用し、角質層まで成分が行き届くことで、うるおいが長く持続します。

さらさらとしたテクスチャーと天然ラベンダーの香りで、つけ心地のよい使用感です。

肌に優しい低刺激処方のため、敏感肌の方でも安心できます。

3位:Curel(キュレル) 潤浸保湿美容液 

キュレルの独自処方で肌にうるおいを与え続ける美容液です。

乾燥性敏感肌を考えて提供されているため、肌に優しい成分で作られています。

肌荒れを防ぐアラントイン、肌のハリを向上するショウキョウエキスやグリセリンを配合しています。

セラミドは含まれていませんが、優れた保湿力でうるおいが長く続きます。

また、敏感肌の方は外部からの弱い刺激にも反応するほど、肌がデリケートな状態です。

潤浸保湿美容液は乾燥による肌トラブルを防ぎ、バリア機能の改善に効果が期待できます

テクスチャーは伸びのよいジェルタイプで軽めのつけ心地です。

4位:innisfree(イニスフリー) レチノール シカ リペアセラム

韓国で誕生したイニスフリーは自然派ブランドとして人気があります。

レチノール シカ リペアセラムは、なめらかな肌へ導けるようにレチノールとシカ成分を配合しました。

レチノールはシワやシミなど、さまざまな肌トラブルのケアができると注目を集めています。

アンチエイジングにも効果的です。

シカ成分はツボクサエキスを主成分とし、肌の再生作用が期待できます。

ツボクサは韓国では一般的な植物です。

日本でも古くから化粧品に使われてきた成分ですが、韓国コスメブームにより人気が上昇しています。

敏感肌にはもちろん、すべての肌タイプに使用できます

ウォータリーなテクスチャーでみずみずしく、少量でも肌に馴染む使い心地です。

5位:Anua ドクダミ 80% 水分鎮静アンプル 

原料や品質にこだわった韓国で人気のAnuaは、必要な美容成分のみで化粧品を構成しているところが特徴的です。

とくにドクダミ 80% 水分鎮静アンプルは、天然由来のドクダミエキスを肌に最適な比率で使用している美容液です。

厳選した下記3種の保湿成分を配合して角質層へアプローチします。

  • パンテノール
  • ヒアルロン酸
  • ベタイン

また、注目されているドクダミ成分は肌のバランスを整え、引き締め効果が期待できます。

肌の赤みや皮脂量の減少が結果として現れているため、敏感肌の方でも安心です。

濃密なとろみのあるテクスチャーですが、ベタつきは気になりません

肌にのせるとなめらかに伸びていくため、浸透力も抜群です。

美容液に関するよくある質問

美容液を使用するにあたり、よくある質問をまとめました。

とくに初めての方は、塗るタイミングや順番など気になることが多いでしょう。

わからないことをあらかじめ解決しておくと、納得したうえで使用できます。

美容液を塗るタイミングは?

美容液は朝のスキンケアまたは夜のスキンケアのときに使用します

朝は紫外線や花粉などのダメージを軽減するために、紫外線対策ができる美容液がおすすめです。

一方、夜は日中に受けたダメージを回復する必要があります。

肌の汚れを落として潤いを与えてあげましょう。

美白、保湿効果の高い美容液を導入すると、メラニンの生成を抑える働きが活発になります。

美容液を使用する順番は?

美容液は化粧水で肌を整えた後の使用が基本です。

ただし、ブースターと呼ばれる導入美容液は、化粧水の浸透をサポートする役割があります。化粧水をつける前に美容液を塗ることで表皮をやわらかくし、吸収率が高まります。

化粧水と乳液、美容液まで含まれているオールインワン化粧品は、美容液を先に塗りましょう。

オールインワンには油分が含まれているため、後から美容液を肌にのせると浸透しにくくなります。

美容液を使用する順番は、スキンケアアイテムにより異なります。

使う順番に指定があるならタイミングに従うことが大切です。

美容液を一度に2種類以上使っても大丈夫?

美容液は2種類までなら併用して問題ありません

一度に3種類以上の美容液を使用すると、肌に余計な負担をかけてしまう恐れがあるため避けましょう。

美容液を併用するときはアイテム同士を混ぜずに、油分の少ない方から順番に重ね付けして使用します。

同じブランドの美容液だと、重ね付けしても問題ないように作られている場合がありますが、異なるブランドは注意が必要です。

重ね付けが想定されていない美容液を同時に使うと、肌の上で美容液が混ざります。

そのため、成分の組み合わせが悪いと効果を打ち消しあったり、肌トラブルが生じたりする可能性があります。

美容液の併用により肌に異変が起きた場合には、使用を中止しましょう。

美容液はどのくらいで効果を感じられる?

即効性はないため、美容液の使用を始めたら1~2か月は様子を見ることがおすすめです。

一般的に、肌の生まれ変わる期間は約28日周期だといわれています。

角質は日々入れ替わりがおこなわれているため、古い角質が落ちてから美容液の効果を実感できるでしょう。

肌の奥で生まれた細胞は約14日かけて肌の外側にある角層まで押し上げられ、さらに約14日間は角層にとどまり、バリア機能として働きます。

不要になると古い角質として剥がれ落ちて表皮が生まれ変わる仕組みです。

ただし、ターンオーバーの周期は肌の状態や年齢により異なるため、28日以上かかるケースもあります。

まとめ

本記事では、さまざまな種類がある美容液をランキングで紹介しました。

シミやそばかすを改善したいのか、エイジングケアがしたいのか、自身の悩みに合った美容液を選ぶ必要があります。

何を選べばよいのかわからないときには、保湿力のある美容液がおすすめです。

乾燥はシワやたるみ、毛穴トラブルなどを引き起こす原因です。

年齢を重ねると皮脂の分泌量が減少し、バリア機能の低下も避けられません。

若いうちから肌の手入れや対策を念入りにすると、肌へのダメージを予防する効果が期待できます。

セラミドやヒアルロン酸など、アミノ酸などのうるおい成分が含まれている美容液から始めてみるとよいでしょう。

<参考>
資生堂 HAKU メラノフォーカスEV
メラノCC 薬用しみ集中対策プレミアム美容液  医薬部外品
オルビス ホワイトクリアエッセンス

美容液に含まれる代表的な成分は次のとおりです。

ヒアルロン酸肌のうるおいを保つ
コラーゲン肌の弾力を保つ
プラセンタエキスターンオーバーを促す
レチノールシワやたるみを改善する
アルブチンメラニンの生成を抑える
ナイアシンアミドシワやくすみを改善する
セラミド肌の乾燥を予防する
ビタミンC誘導体毛穴トラブルを改善する
トラネキサム酸ニキビ跡を改善する
ハイドロキノンシミやニキビ跡を改善する

自身の悩みを明確にし、何のために使用するのかを考えてから美容液を選ぶ必要があります。

肌悩み別におすすめの美容液を詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。

※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次